名古屋の寺町

先日、名古屋の妖怪伝説に関連して、平和公園とお墓について述べましたが、今日は名古屋のお寺について少し紹介したいと思います。

今年は、巷ではそれほど盛り上がっていませんが、名古屋開府400年に当たります。江戸幕府を開いた徳川家康が、息子の尾張藩祖、義直のために、1610年に名古屋城の築城に着手して、今年でちょうど400年になります。名古屋城と共に、400年前に作られた碁盤の目のように、区画された街並みが、現在の名古屋の中心部の起源です。名古屋の街の道路は、400年前に、今のように東西南北が碁盤の目状に、整然と計画されて作られたのです。

ところが、計画的に設計された名古屋の街も、軍事的には大きな弱点がありました。名古屋城の東部と南部は、自然の要塞としての地形に恵まれず、城の標高と変わらぬ台地が続いています。それとは逆に、名古屋城の北の一画を「御深井丸(おふけまる)」と呼びますが、これは低湿地であったことを示す、そのものずばりの呼び名です。西側も同じような低湿地帯で、明治時代に名古屋駅が開業したときは、葦や笹が生い茂っていたようなところでした。このように、城の西部と北部は、自然の要塞としての要素を備えていたのですが、東部と南部は、敵が攻めてきたときに備えて、寺院ばかりを同じ地区に集中させたのです。

今では若者で賑わう大須の商店街は、江戸時代には、寺院一色の寺町でした。大須の万松寺について、「何故商店街の真ん中に、こんな小さなお寺があるの?」と、子どもから質問されたことがあります。「大須は商店街ありき」と、お寺こそが大須の原点であるということを、全く知らない若者がとても多いようです。お寺に参拝する人を目当てに、商人が集まり、商店街が出来た、つまり門前町ですが、その街の成り立ちを知らない若者がたくさんいるのには、少々驚いてしまいます。

江戸時代の万松寺は、今とは比べ物にならないほど、広大な敷地をもった大きなお寺でした。大須観音はもちろん、北から白林寺、政秀寺、若宮八幡、大光院、清寿院(明治時代に廃寺)、七つ寺、西本願寺、東本願寺など、今の白川公園辺りから、橘町にかけての一帯は、すべて寺社で埋め尽くされていた、といっても過言でないほどでした。現在でもこの辺りは、大通りから少し中に入ると、いくつもの寺院が点在しています。本町通りの南は、仏壇街として有名ですが、お寺あってこその仏壇街なのです。

同様に、現在の新栄町一帯も、大須ほどではないにせよ、東の寺町としてたくさんの寺院が密集した地区でした。戦後、郊外に移転した寺院も少なくありませんが、今も広小路通と錦通の間には、都心とは思えないほどの寺院があります。大須も新栄の一帯も、名古屋の街を防衛するという観点から、計画的に作られた寺町だったのです。

ところで、名古屋と京都と、一体どちらが、寺の総数が多いと思いますか。きちんと統計を調べた訳ではありませんが、一説によれば、名古屋の方が、寺の総数は多いのだそうです。京都は全国的に名を知られた大寺院がたくさんありますが、小規模な寺院が少なく、数の上では名古屋に軍配が上がるのだそうです。絶対的な人口も、名古屋は京都の2倍はありますから。そんな数字からも、名古屋の寺町の存在の大きさを、感じさせてくれます。

余談ですが、パリとロンドンを比べて、どちらが美術館・博物館の数で勝っているかご存知ですか。ルーブル・オルセーなど、名立たる美術館はパリだと、誰もがお思いでしょうが、実際は数ではロンドンに敵わないのだそうです。ロンドンの人口は、パリの倍以上ですし、やはり小さな美術館・博物館が、ロンドンには多いのでしょう。

江戸時代の名古屋の寺町を実感するために、この連休に遠出する計画のない方は、一度大須や新栄地区の、寺町の街歩きなどしてみては如何でしょうか。意外な発見があるかも知れませんよ。
[PR]
# by meredeyoshi | 2010-04-27 17:01 | つぶやき

想いかなう 広小路恋の伝説みち

先に出版された「名古屋広小路ものがたり」にちなみ、

 想いかなう 広小路恋の伝説みち

と題して、堀川文化歩こう会を、以下のとおり開催します。053.gif
 
 日時  平成22年5月15日(土) 事前申込不要
      午前10時出発 正午解散予定 (受付は午前9時30分から)

 集合  名古屋市中区役所 公開空地 (地下鉄12番出入口より東へ徒歩1分)

      少雨決行 開催の有無は、当日午前8時30分以降の、
      名古屋おしえてダイヤル(953-7584)まで。

 参加費 200円(資料代・短冊代・当日受付)

 コース  ① 久屋大通(小袖掛け松)
       ② 福生院(闇道の恋)
       ③ 納屋橋(運命を変えた橋)  
           水溶性の短冊に想い書いて、納屋橋の欄干から流します
       ④ 州崎橋(紫川に身を投げて)
       ⑤ 若宮八幡社(残菊物語)
       ⑥ 朝日神社(マダム阿佐緒の恋)

       それぞれのポイントで、恋の物語を紹介します。

源氏物語の光源氏に恋焦がれて、終には投身自殺してしまった哀しい娘の物語から、戦前の美人女流歌人の道ならぬ恋の末に、落ち着いた先は…。名古屋の広小路で生まれ、語り伝えられた数々の恋の伝説を、その場を訪ねて、それぞれの想いをめぐらせてみようではありませんか。

また、途中の納屋橋では、自分自身の(自分以外の周囲の人物でも構いません)想いを、短冊(水溶性のもの)に書いて、その想いが叶うよう、堀川に流します。

恋をするには適齢期の若い方はもちろんのこと、恋から遠ざかって久しい方々にとっても、それはまた楽しいひとときとなるに違いありません。たくさんの方々のご参加を、心よりお待ちしています。

053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif

問合せは、堀川文化を伝える会事務局 名古屋市中区役所 まちづくり推進室
電話(052-265-2228)までお願いします。
[PR]
# by meredeyoshi | 2010-04-22 17:43 | 講演会・イベント

ゲゲゲ…、平和公園と堀川文化

4月からNHKの新しい朝ドラ、「ゲゲゲの女房」が始まりました。昨年の春に、堀川文化を伝える会では「名古屋妖怪地図を歩く」と題して、名古屋の中心部にも、妖怪に関する伝説や不思議な昔話があることを紹介しながら、まち歩きを行い、大きな反響を呼びました。 

ところで、「ゲゲゲの鬼太郎」の主題歌をご存知でしょうか。

 ゲ、ゲ、ゲゲゲのゲー、朝は寝床でグーグーグー(中略)

                夜は墓場で運動会

昔からお化けに墓場は付き物で、墓場なくしてお化けや妖怪を語ることは、出来ないと思います。どんなに面白い、どんなに興味深い、妖怪伝説や説話があったとしても、現在の環境とまったく結びつかなければ、その内容を後世に伝えていくことは叶いません。

そんな観点から、現在の名古屋の墓場を考えてみましょう。第2次世界大戦の戦火によって、焼き尽くされた名古屋の町は、大規模な都市計画によって、中心部の寺院は郊外に移転を余儀なくされたものがたくさんあります。中心部に残った寺院も、墓地はすべて平和公園等に移転されてしました。

当時の墓地の移転の様子を、鮮明に記憶している住職を父に持つ、堀川文化を伝える会の会員がいます。墓石をひとつひとつ掘り起こし、お骨もお経を唱えながら、丁寧に一片一片取り上げていったそうです。大変な時間と、エネルギーを費やした作業であったと思われます。

そんなに大変な手間暇を掛けて、行われた墓地の移転ですから、その後の名古屋の中心部の発展(特に商業地域においては)の様子は、誰にでもすぐにわかるはずです。ところがその反対に、目に見えないもの、精神的な支柱となる心を動かすもの、伝統や習慣の継承、さらにはご先祖様を敬う心、といった分野に関する事柄が、お寺とお墓が分離してしまった結果、かなり希薄になってしまったような気がするのは、私だけでしょうか。

目に見えないものの大切さ、精神文化の継承、当たり前の習慣を次世代に伝えていくことを、「堀川文化を伝える会」は常に考えながら、講演会や歩こう会、本の出版を行っています。
[PR]
# by meredeyoshi | 2010-04-16 15:28 | つぶやき

「名古屋広小路ものがたり」出版される

堀川文化を伝える会から、待望の第5段「名古屋広小路ものがたり」が出版されました。名古屋の町を東西に貫く広小路通りは、今年で開通350年を迎えました。名古屋の町は、広小路通りと共に発展してきたと言っても過言ではありません。万冶3年(1660)の大火によって、それまでにはない広い通りが、火避けとして作られました。それが広小路通りです。江戸時代の地図を見ると、広小路が如何に広い通りだったかが、手に取るようにわかります。

「名古屋広小路ものがたり」は、江戸時代、明治時代、大正時代、戦前、戦後の5つの時代区分に分かれています。それぞれの時代に沿って、代表的な出来事や事件、またその時代の特徴的な題材や人物を、取り上げています。貴重で、懐かしい写真も、数多く掲載されています。それぞれの題材が、すべて2、3ページにまとめられており、無理なく読み進めることが出来ます。

出版に合わせて、3月28日に同じ「名古屋広小路ものがたり」というタイトルで、講演会を開催しました。講演会には約150名の参加者があり、ご年配の多くの方々から、本の写真や講演会でのスライドを見て、非常に懐かしく、若い頃の広小路の賑わいを思い出す、といった感想が寄せられました。

この本は以下の書店で購入することが出来ます。名古屋開府400年の今年、名古屋の薀蓄を語るには、なくてはならない必携の1冊ではないかと思います。どうぞお手にとって、名古屋の発展の様子をご覧ください。

 丸善 名古屋栄店       中区栄3-2-7         TEL 261-2251

 ちくさ正文館           千種区内山3-28-1     TEL 741-1137

 正文館書店           東区東片端49          TEL 931-9321

 正文館書店 市役所店    中区三の丸3-1-1      TEL 951-3065

 三松堂書店           中区上前津1-4-7      TEL 321-1261
 
 泰文堂書店           熱田区西郊通2-16      TEL 682-3797

 熱田泰文堂           熱田区森後町8-15      TEL 682-2575

 熱田泰文堂 名鉄神宮前店 熱田区神宮3-6-34     TEL 683-2378

なお、「名古屋広小路ものがたり」に関するお問い合わせは、中区役所まちづくり推進室(TEL 265-2228までお願いします。

リンクはこちらから 
[PR]
# by meredeyoshi | 2010-04-16 14:29 | 出版物

おからネコ

堀川文化を伝える会のマスコット「おからネコ」をご紹介します。
f0211045_14304793.jpg

[PR]
# by meredeyoshi | 2010-02-26 14:34 | 基本情報